ストレスチェックで病を防ぐ【早期発見の秘訣】

笑顔のドクター

メンタル面での健康生活

カウンセリング

普段の生活習慣の見直し

現代社会はストレスを感じやすい社会であると言われています。これは様々な要因が考えられますが、近年の情報化社会によって多くの人々が個人的な情報を比較的手軽に確認しやすくなってきているためという一面もあると考えられます。個人的に情報が手には入りやすくなっているのは良いのですが、反面悪い噂が広まりやすくなったり間違った認識が誤解されたまま広まることもあります。そのため情報を流す側も受け取る側もストレスを感じやすく、常に周囲の情報に気を遣っていなければならないような社会になってきています。これでは心を安める暇が無く、いつも気を他人に遣い続けてしまい無理な生活環境が強いられる人も少なくありません。他にもストレスを感じる要素としては人により様々なものがありますが、実はストレスを強く感じた時にちょっとした対策をしておくだけでもストレスを回避したり、メンタルバランスが崩れるのを防ぐ事ができる可能性もあるのです。そのためにも現在の自分にストレスがどれほどかかっているのかをセルフチェックする事も大切です。セルフチェックの方法としては、例えば慢性的なだるさを感じる、便秘や下痢などが長期間続いている、人に八つ当たりしやすくなっている、よく眠ることができない、耳鳴りやめまいがするなどといったものがあります。こうした症状はストレスを強く感じた時や体調が不安定な場合に生じる不具合であるとされており注意が必要です。

仕事の合間に適度な休養

耳鳴り、めまい、胃部不快感、便秘や下痢の不調などといった身体的な症状が生じている場合には内科的な原因が考えられます。脳の内部の神経伝達物質が過剰に分泌されていたり、反対に少なすぎる可能性も考えられます。他にも胃炎などといった消化器系の不調も可能性があります。こうした症状の多くは強いストレスが原因として考えられる場合もあり、定期的に上記のような症状がないかストレスチェックをして普段の生活習慣の見直しを考える事が大切です。また仕事のし過ぎや、子育てや介護といった比較的重い家事が普段の仕事と重なると、上記のストレスチェックの際に確認したい項目のような特徴が現れる事があります。仕事の場合にしても家事の場合にしても、ストレスを解消する一番の方法としては適度な休養を取ることが大切です。家の中で睡眠や休養をとる事も大切ですが、合間には散歩などをして気分をリフレッシュするための工夫をする事も重要であると言えるでしょう。他にも例えば旅行やショッピングなど、気分転換になる方法を取り入れて自分が好きな事をして楽しむ事も大切です。こうした適度な休養を普段の生活に取り入れることで仕事の効率を改善したり、あるいは健康的な生活を維持するために役立てる事ができるでしょう。