ストレスチェックで病を防ぐ【早期発見の秘訣】

笑顔のドクター

万病の元を絶つために

下を向く女性

溜め込まない生活

2015年12月に改正された労働安全衛生法により、ストレスチェックという言葉が話題に上るようになっています。50人以上の労働者がいる事業所は、すべての労働者に対して年に1回この検査を実施するよう義務付けられたのです。うつ病患者が増加し、職場環境を原因とする心の病気が労働災害に認定される例も出ています。そんな中、さまざまな病気の原因となるストレスには多くの人が関心を抱いていますが、ストレスチェックの内容はそれほど知られていませんでした。法改正を機会にこの検査の認知が進めば、万病の元とも言われるストレス軽減に向けて、社会全体が取り組むことにもつながります。国が推奨する産業医や保健師などの実施者による検査を受けた結果、高ストレス者と診断される場合もあります。その際にはさまざまな対策も講じられますが、そうなる前に心身を健康に保っておく方が望ましいのは言うまでもありません。日常生活の中で各人がストレスを軽減させるよう心がければ、さまざまな病気を未然に防ぐことにもつながるのです。自分でできるストレス対策としては、以下のような点が挙げられます。食事や睡眠などをできるだけ規則正しくする、運動不足を避けて適度に体を動かす、強い疲労を自覚したら無理をせずに休息する、といった日常生活上の心構えです。そうした生活を続けていれば、ストレスを溜めずに心身の健康を保つことも可能になります。

最善の相談相手

さまざまな対策を講じてストレス軽減を図っても、仕事や通勤、家庭環境などによっては思うように効果が上がらない場合もあります。自分一人でできる対処法にも限度がありますから、そのようなときには他人を頼ることも視野に入れなければなりません。身体的ストレス以上に厄介なのが、精神的ストレスが溜まっているケースです。趣味としている活動にもあまり気乗りがしなくなったり、集中力や意欲が低下して何をするにも疲れるようになったりしたら要注意です。そのようなときは、心の中に蓄積された鬱憤や苦しみを誰かに吐き出すことも楽になることがあります。身近に信頼できる話相手がいたら、不満や愚痴を聞いてもらうだけでも心が軽くなるものです。心の負担を自分だけで抱え込まず、誰かに共有してもらうという考え方が必要なのです。法改正により該当事業所では労働者へのストレスチェックが義務付けられましたが、該当しない場合もあります。国民の誰もが自分で自分の健康を目指していくためには、この制度も十分とは言えません。自主的に医療機関を受診しストレスチェックを受けることは可能ですから、強いストレスの自覚がある人はできるだけ早く心療内科や精神科の医師に相談するのが最善の対策です。心療内科・精神科に勤務している医師や臨床心理士は、ストレス対策のプロでもあります。万病の元を絶つための相談相手として、これ以上の適任者はいないのです。